イラストの技術を学ぶ

ライブ

経済的なバックアップも

絵が好きな人、将来イラストレーターや漫画家などのお仕事をしたい人に向けて、高校卒業資格を取得しながらイラストを学べる高校があります。デッサンなど基本的なことから、キャラクターのデザイン、マンガの描き方などを3年間かけてしっかり学ぶことができます。経済的に悩んでしまう方でも、教育ローンや奨学金の制度が利用できる高校も数多くあります。また、国の教育ローンを利用できる高校もあり、利用する学生も多くいます。高校からイラストを学ぶことで、スキルが身につきやすいというメリットがあります。若い時期に時間をかけて学び、早いスタートを切ることでチャンスも増えます。将来大きな財産になりますので、夢を諦めずこのような制度を利用しましょう。

高校に支払う費用だけでなく、専用の道具も必要

イラストを学ぶ高校に通う際にかかる費用は、公立ですと年間50万円ほどです。初年度は入学金が10万円ほど更にかかる場合があります。年間の授業料や設備費、教科書代などは一般の高校とあまり変わらない場合も多いです。また、私立になりますと100万円以上初年度にかかる事があります。全日制とは違う時間帯で通える高校もあり、全日制よりも授業料が安い夜間コースの学校もあります。イラストを学ぶとなると、高校に支払う費用の他に専用の道具にもお金がかかります。マンガの練習では、手描きでは難しい細かい箇所に使うスクリーントーンや、様々な種類のペン先やインクなども用意します。消耗品もたくさんありますので、こうした費用も必要になります。